業務と文化交流のビザ

業務ビザと文化交流ビザ

 

  • 業務ビザは、業務上の目的(交渉、セミナー、会議、ビジネスパートナーとの会合等)でロシア連邦に入国するため、外国人と無国籍者に対して交付される。
  • 文化交流ビザは、学術、文化、社会政治的な交流の再開および強化、スポーツ、宗教、慈善活動、人道支援の実施のためにロシア連邦に入国するために発行される。
  • 業務ビザ、文化交流ビザ共にロシア内務省移民局(前ロシア連邦移民サービス)発行の招聘状、もしくはロシア外務省の決定、または団体や機関から文書での申請に基づいて交付される。
  • 業務ビザ、文化交流ビザ共に90日間有効のシングルもしくはダブル、または、その他のロシア連邦の国際条約で規定されていない場合は、1年間有効なマルチプルがある。

 

  • 特記事項!  ロシアのマルチプルの業務ビザおよび文化交流ビザには、「180日中の90日以内」と規定されている。すなわち、外国人はビザの有効期間中、継続してロシア国内に滞在することができないということを意味する。この場合、再度の入国は、最初の入国から180日が経過した後にのみ可能となる。

 

  • 日本国籍所有者への特記事項!  

 

  1. ロシア連邦の外交使節団および領事部は2017年1月1日より、1996年8月5日付のロシア連邦法№144- FZ号「ロシア連邦からの出国およびロシア連邦への入国」に基づいて、日本国籍所有者に対して5年間まで有効なマルチプルの業務および文化交流ビザを交付する。同様のビザによって、日本国籍所有者は、ロシア国内に90日以内、また年間180日ごとの滞在日数合計が90日以内の期間、滞在することができる。

 

  1. 2012年1月28日付のロシア政府と日本政府間のビザ発行手続きの簡素化に関する合意の第2項に基づき、ロシア連邦外交使節団および領事部は、ロシア連邦への入国を希望する以下のカテゴリーの日本国籍所有者に対し、有効期間3か月までのシングルビザもしくは有効期間3年間までのマルチプルビザの申請を受理する。

1) ビジネス活動のために渡航する者、同様に企業の代表

2)教育、科学、芸術的およびその他の文化活動に従事する者

3) 国際的なスポーツイベントへの参加者やその同伴者である専門家

4) 個別のイベントを取材するために短期間、渡航する報道関係者

5) 公式の姉妹都市間交流の参加者

6) 法的根拠に基づいてロシア連邦に居住する日本国籍者の配偶者や21歳以下の子供(つまり、ロシアの法律に基づいて90日以上ロシアに滞在することが許可されている日本国籍所有者)

 

  • ロシア連邦の外交使節団と領事部は、前述のカテゴリーの日本国籍所有者に対し、ビザ申請があった場合、前年度にロシアのビザを取得し、ロシアの法律に基づいてビザを使用している場合、またマルチプルビザの申請をする根拠がある場合、マルチプルビザを発行する。
  • 第三国内のロシア連邦の外交使節団及び領事部は、当該の第三国で、法に基づいて長期滞在が許可された日本国籍所有者に対し、ビザを発行することができる。

業務ビザと文化交流ビザ取得のための書類:

 

  • (渡航目的によって) ロシア内務省移民局(前ロシア連邦移民サービス)発行の招聘状の原本、もしくはロシア外務省からのロシア入国ビザ発行に関する決定書、または2012年1月28日付のロシア政府と日本政府間のビザ発行手続きの簡素化に関する合意の第2項に基づき、団体や機関から文書。
  • 海外渡航用パスポート, 2ページ以上、ビザのための空白のページが残っていてビザが効力を発した日より一年半以上有効期間のある海外渡航用パスポート。
  • visa.kdmid.ruのサイト上で作成されたビザ申請書にプリントアウトし、申請者の署名がされたもの。 
  • 3.5×4.5センチ、背景が無地で、サングラスやカラーレンズ付きメガネ、帽子を着用していない状態で顔全体が正面から鮮明に写っている写真(宗教的な理由から帽子付きでパスポート写真に写っている人物は例外とする)。

 

注意! 日本国籍所有者以外の方には、ロシア入国ビザ発行手順についてのより詳細な情報についてのページをご確認頂きたい。

 

上記のうち1つでも書類が不足すると、申請が受け付けられませんのでご注意下さい!

ビザ申請手数料の支払い方法

申請日に領事部ビザセクションの支払い窓口にて現金でお支払いください。日本円のみ受け付けています。

ビザ手数料表

              査証の

                種類

                             申請日から受領日までの期間

                     (ロシア大使館/総領事館の労働日(※)

6 ~ 10 労働日
4 ~ 5 労働日
3 労働日以内

                 観光/

             通過査証

        4,000 円

          相当額

        4,000 円

          相当額

          10 , 000 円

               相当額

                上記

                 以外

           無料

労働日は,査証の発給のために必要な申請書及び文書の受領の日から起算。

 

また,以下のカテゴリーに該当する者は,上記「特別の料金」の支払を免除されます。

・外交旅券/公用旅券所持者

・ロシア政府からの公式の招待状に基づき,ロシアにおいて開催される会合,協議,交渉,交流計画又は政府間機関の行事に参加する公式代表団の構成員

・姉妹都市の間の公式の交流計画に参加する者

・障害者及び当該障害者に同伴する者

・人道上の理由により渡航を希望する者(緊急の治療を受ける者及び当該者に同伴する者,親族の葬儀に出席する者,重病の親族を訪問する者等)

・ロシアに適法に居住する日本国民の配偶者及び21歳未満の子

 

*申請から受領までの間に休日又はロシアの祝日による休館日をはさむ場合は、休館日数だけ受領日が延長されます。
**無料申請は日本国籍者のみ無料となります。日本以外の国籍の方は領事手数料が必要となりますのでご了承下さい。
ビザ申請手数料はビザ発給の結果如何にかかわらず返金できません。