大使館ニュース

戻る

ロシア は、セルビア、キューバ、日本 との フライト運航 を 再開

 ロシアのミハイル・ミシュスチン首相は、対策本部の決定に基づき、以下の国々との相互的なフライト運航再開に関する命令に署名した。

 

日本:2020年11月1日より週3便(モスクワ・東京2便、ウラジオストク・東京1便)

セルビア:週2便(モスクワ・ベルグラード)

キューバ:2便(モスクワ・カヨココ、モスクワ・サンタクララ)

 

 今回の決定はすでに発表された基準(14日間の新型コロナウィルス新規感染件数が人口10万人あたり40件、14日間の一日あたり新規感染者増加率が1%以下、7日間の新型コロナウィルス感染拡散率が1以下)に基づいており、相互ベースでの運航が行われる予定である。