大使館ニュース

戻る

米国での新たな反ロシア批判に関するのロシア外務省情報局のコメント

米国は、懸命になって「2016年の米国大統領選挙へのロシアの干渉」の一件をいまだに引っ張り出しています。

まさに、そのために、実際には起こっていない出来事の捜査のための特別捜査官にモラー氏が就任し、ロシア連邦軍参謀本部情報総局の12名が起訴されたのです。

そして、盛んに米国市民に刷り込もうとしている「ロシアが米大統領選挙に介入し共謀した」とする嘘だけを根拠にしては、決して情報総局の12名がこの一件とサイバー攻撃に関わっていることを立証することはできません。

また、米民主党のコンピューターネットワークへ不法にアクセスしたとの主張そのものに根拠がないのです。

突然、このようなことが行われた意図は明らかです。露米首脳会談の前夜に、雰囲気を台無しにするためです。

今、ロシアとの関係の正常化を阻もうとする米国の影響力のある政治勢力は、既に2年もの間、公然と誹謗中傷を続け、また、すぐに忘れ去られてしまうような「でっちあげたくだらない嘘」を最大限に活用しようと奔走しているのです。

米国で、虚偽の情報を次々と垂れ流すことが日常的なこととなり、あからさまな政治的理由のために刑事事件が立件されるのは、非常に残念なことです。

一つ疑問が残ります。一体、これから、米国そのものを貶める、このような恥ずべき茶番劇がどれだけ続けられていくのか?ということです。遅かれ、早かれ、このような茶番劇の立役者となった人々は、自らの利益のために米国の民主主義を大きな損失をもたらし、米国そのものへの信頼を失墜させていることに対して責任を負わなくてはならなくなるのですから。

結局、遅かれ早かれ、イニシアターは、彼らが引き起こした損害に対して責任を持ち、アメリカの利益に引き続き取り組むとともに、アメリカの民主主義を引き続き実行し、信頼性を損なうことになります。