大使館ニュース

戻る

ロシアのプーチン大統領と日本の安倍首相の会談

APECサミットの開催地であるダナンで、ロシア大統領が日本の安倍晋三首相と会談を実施しました。

プーチン大統領:シンゾウ、まずは選挙での大勝、おめでとうございます。これで、私たちはすべての計画を実現していけるものと期待しています。

両国関係は総じて発展しており、一貫した発展を見せています。そのことをとても嬉しく思います。政治対話が活発化し、経済関係も成長を見せています。しかし、当然ながら、さらなる議論を要する問題も常に存在しています。

今日、お会いして、お話しできることをとても嬉しく思っています。

安倍首相(通訳された内容):総選挙での私たちの勝利に対するあたたかいお祝いのお言葉、ありがとうございます。ウラジーミル、これで、私たちは今後も両国の連携に向けて作業を進めていくことができると期待しています。

今日の会談で、私たちの会談が20回目を迎えることを嬉しく思います。

長門市での私たちの合意に基づき、私たちは元島民による航空機での特別墓参を実施し、また、四島での共同経済活動に関連する現地視察を実施しました。これらの事業の結果を踏まえ、今後、平和条約に向けて作業を前進させていきたいと思います。

来年に予定されている日露交流年については、準備作業が精力的に進められています。来年はロシアでサッカーワールドカップが開催される予定であり、日本チームもこれに出場します。来年が、両国民の相互理解の深化を後押しする年になってほしいと思っています。

国際問題については、朝鮮半島の非核化に関する両国の連携について意見交換を行いたいと思っています。

プーチン大統領:私たちは、ペテルブルグ経済フォーラムと、ボリショイ劇場で行われる露日交流年の開会式に君がゲストとして来てくれることを楽しみにしています。