大使館ニュース

戻る

露日交渉

プーチン大統領は、クレムリンで、2日間の予定でロシアを公式訪問している安倍首相を迎えた。

首脳会談後、複数の二国間の合意文書に署名がされ、それに次いで両首脳による共同記者会見が行われた。

さらにプーチン大統領と安倍首相は、露日交流年オープニングセレモニーでスピーチをした。

交渉の前日、安倍首相は、サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムに来賓として参加した。

* * *

安倍首相との会談の冒頭発言

プーチン大統領:

尊敬する首相、親愛なる晋三!尊敬する皆様!

今回はモスクワのクレムリンへようこそ。

私たちは、昨日の引き続き会談を続け、今日は、より詳細に両国の関係について話し合うことができることを非常に嬉しく思います。

昨日は、実業界の代表、また同僚の皆様と一緒に少人数で貿易経済関係の発展について話をすることができました。

その中、貿易高、投資の拡大、そして最も重要なのは、双方が関係の発展に強い関心を抱いているということを確認しました。これらの一連の問題に立ち返り、政治的な相互作用についてお話しすることもできます。

日本語らしい訳:本日、私と安倍首相は、ボリショイ劇場で、文化や人的交流など様々な分野で400以上もの行事が予定されている露日交流年をいよいよスタートさせます。このようなことが可能となったことを喜んでおります。

安倍首相(通訳された通り):

プーチン大統領、大統領選の完勝、お祝い申し上げます。

私は、ダナンで前回、お目にかかった際に大統領が日本の衆院選の結果、すべての共通の計画が実現できるようになる希望を表したことを思い出します。実際、私は今冷静でエネルギッシュに協業を推し進める用意ができています。

長門市で、私たちは、平和条約締結の問題を解決していこうという二人の心からの決意を表明しました。それ以来、両国の新しい関係が始まっています。私たちは、すでに4島での共同経済活動や元島民のための人道的な方策について具体的な作業を推し進めています。今回の貴殿との会談もその起爆剤とし、今後もこれらの努力を力強く進めていくことを願っております。

昨日、サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムに参加しました。日本の首相が、同フォーラムに参加したのは、これが初めてです。私は多くの日本の実業界の代表と共にフォーラムに参加しました。今日の夜は、プーチン大統領と共に日露交流年の開会式に参加します。

来月、ロシアで日本チームも参加するサッカーのワールドカップが開催されます。多くのサッカーファンがロシアワールドカップを心待ちにしています。

そして、本年、両国の国民が相互理解をさらに深めていくことを期待しています。