電子ビザ

ロシア連邦沿海地方への電子ビザ訪問

2017年8月8日より、18ヶ国の国民は極東地域に設けられた国境検問所から電子ビザ(e-ビザ)によりロシア連邦に入国することが認められます。e-ビザで認められるのは(業務、観光、人道的文化交流のための)シングル・エントリーで、滞在最長期間は8日間です。e-ビザでロシア連邦の沿海地方以外の地域へ移動することは認められません。

 

ロシア連邦カリーニングラード州への電子ビザ訪問

2019年7月1日より、ロシア連邦カリーニングラード州への訪問に電子ビザが導入されます。e-ビザの対象となるのは53ヶ国の国民で、英国を除くEU加盟国も含まれます。e-ビザで認められるのは(業務、観光、人道的文化交流のための)シングル・エントリーで、滞在最長期間は8日間です。カリーニングラード州への訪問には、同州内に設置された国境検問所を通らなければなりません。すなわち、カリーニングラードには(ロシア連邦内の他の空港経由ではなく)空路直行便で来るか、または海路、鉄道、自動車道で来ることになります。e-ビザでロシア連邦のカリーニングラード州以外の地域へ移動することは認められません。

 

ロシア連邦サンクトペテルブルグおよびその周辺州(レニングラード州)への電子ビザ訪問

2019年10月1日より、サンクトペテルブルグおよびその周辺州(レニングラード州)への訪問に電子ビザが導入されます。e-ビザで認められるのは(業務、観光、人道的文化交流のための)シングル・エントリーで、サンクトペテルブルグおよびその周辺州(レニングラード州)にのみ滞在することが可能です。

  • e-ビザによる滞在最長期間は8日間です。e-ビザは、http://electronic-visa.kdmid.ru/から取得可能です。
  • e-ビザは、週末や銀行休業日を含む4暦日以内に発行されます。
  • 招待状や確認書は必要ありません。ウェブサイト上の申請フォームに記入するだけです。
  • 皆さんの自由な時間やお仕事の時間を費やして、わざわざ領事部の就業時間内に申請に来る必要もないのです。
  • ウェブサイトは年中無休です。e-ビザ取得には費用は一切かかりません。

電子ビザのサポートメール: evisa_info@dks.ru